<スポンサードリンク>


2011年05月30日

わきがの手術に関しての疑問など

わきが手術に関してまとめてみました。
わきがの手術によって、わきがを完治させたいと思っているけれどなかなか最初の一歩が踏み出せずにいるという人もいることでしょう。
強い臭いを発するわきがを気にしている人は、デオドラントスプレーやボトックスの注射などいろいろな方法で臭いのケアをしていることでしょう。
しかし、わきがの臭いを根治するためには外科的な手術が必要になります。



これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

わきがの臭いを完全に取り去るためには、やはり外科的な手術が一番効果的なようです。
わきがの手術法には、剪除法、吸引法、超音波などいろいろとあります。
何種類もある治療法ですが、わきがの手術はどれも臭いの原因となる汗腺のアポクリン腺を取ることを目的としています。

まず、直視下摘除法というわきがの手術に関して疑問などをまとめてみました。
このわきが手術にかかる時間は1時間〜1時間30分程度です。
入院は不要で手術後から歩いて帰ることが可能なほど負担が少ない手術です。
シャワーは脇の下を濡らさないように気をつけながらであれば手術の翌日から浴びることができます。



わきが克服60日間プログラム

・・・・
posted by OPERATIO at 08:59| わきが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わきがの手術

前節でお話したまず、直視下摘除法というわきがの手術に関してですが、
直視下摘除法とは、脇の下を3cmほど切開してわきがの臭いの元になるアポクリン腺と発汗を起こすエクリン腺を医師が目で見てチェックしながら切除していく手術です。

わきがの手術には、脇の下のシワに沿って4cmほど切開して行なう剪除法というものがあります。
剪除法は脇の下の皮膚を剥離して裏返し、アポクリン腺とエクリン腺を一つ一つ切除していきます。そのため、他のわきがの手術よりも手術時間が長くかかるようです。

また、わきがの治療には保険が適用されているものとされていないものがあります。
保険によるわきが手術はそんなに高くない値段で受けることができますが、美容外科などで行なわれているわきが治療では保険適用がされていないため
高額な治療費になることもあります。

病院によってわきが手術の保険適用の判断にばらつきもあるようなので、一つの病院で保険適用外と診断されたとしても、
他の病院で適用であると判断されることもあるようです。


・・・・

<スポンサードリンク>



posted by OPERATIO at 08:52| わきが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わきが手術を行っている病院

保険で行なうことができるわきが手術は、わきが剪除法、皮弁法になります。

わきが手術を行っている病院によっては、万が一、汗腺をしっかりと取りきれていなかったために再発してしまった場合には、無料で再手術を行ってくれるという保障をつけているところもあるようです。

健康保険を使ったわきが治療を受けるためには、病院でわきがの手術の適用となるものかどうかを診断してもらう必要があり、適用であるとの診断が出たものについてだけ保険での手術が行なわれます。

剪除法によるわきが手術をした当日は手術した部分を包帯でしっかりと圧迫します。
ですから手を上げたり、重いものを持つというようなことは避ける必要があります。
他のわきが手術に比べて術後の処置を厳重に行わなければならなかったりということで、剪除法による手術を敬遠する人もいるようです。
ただし、目で見て確認しながら行われるわきが手術なので、切開部分から器具を差し込んで手探りで行なうわきが手術に比べて、しっかりと汗腺を除去することができるため再発の心配もありません。


・・・・

<スポンサードリンク>



posted by OPERATIO at 08:49| わきが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。